エコパーマ

LACIO エコロジー パーマ システム



awa4


<<パーマの理論>>

☆パーマの1液(還元剤)を

髪に塗布し浸透させることにより、

髪の毛の中にある、

鎖の網のように繋がっている組織結合(シスチン結合)を一時的に切ります。



8


☆シスチン結合が切れている間に、

ロッドに巻いてカール・ウェーヴや、

アイロンでストレートに形付けます。

☆形付けした状態の髪の毛に、

パーマの2液(酸化剤)を塗布して、

空気中の酸素と科学反応を起こすことにより、

切れていたシスチン結合が、

近くにあるシスチンと再結合をします。


awa



☆再結合をすることによって、

髪の毛をカール・ウェーヴやストレートに、

形付けることができるのです。

<<パーマをかけると髪が痛む??>>

それは従来のウェーヴ・還元剤が、

「アルカリ性」だったからなんです。

従来の還元剤は分子構造が「大きく」、

「球体状」だったため、

「アルカリ剤」で髪の毛を膨潤させてキューティクルを開いて、

髪の毛の中へ浸透させて、シスチン結合を切っておりました。

フランク・インターナショナルが技術開発してきた、

LACIO エコロジー パーマ システムに使用するウェーヴ・還元剤は、

「完全酸性領域」の還元剤で、

「完全酸性領域」の還元剤は世界初なんです。

分子構造も従来のモノと比較にならないほど「小さく」、

「平面状」をしているため、

髪の毛にとても浸透しやすく、

髪の毛が傷む原因であった膨潤をさせることなく、

シスチン結合を切ることができるのです。

髪の毛を膨潤させるということは、

髪の毛の中のタンパク質を、

外へ流失させるということで、

即髪の痛みに繋がります。

ちなみに、

タンパク質の溶出率は

「中性」の純水で「0.4〜0.6%」

従来の「アルカリ性」の還元剤で「1.6〜3.2%」

FRANK HAIRで使用する「完全酸性領域」の還元剤で「0.6〜0.8%」

と毛髪に対するダメージでは、

群を抜いて少ないのがおわかりだと思います。

また、

LACIO エコロジー パーマ システムの特徴である、

ウェーヴ・酸化剤(2液)塗布後に、

awa

LACIO BOX(オゾン・マイナスイオン発生器)を使用することにより、

従来の自然酸化では約1週間かかるといわれいていた酸化剤完全反応を、

短時間(約20分)で反応させることができるようになり、

更に髪の毛のダメージを少なくすることができるよになりました。


awa1


※「LACIO BOX」はFRANK の実用新案登録商品です。